LA CAVE

流れに沿って


今作っている顔は3年ほど前に作った原型から抜いたもので、プロポーション的には面長で目も小さくて割とリアルな感じのものです。

ところで私の場合、リアルに振りすぎると骨格が目立って妙に男っぽい印象になってしまう傾向があり、人形というにはどうも可愛げのないものが出来上がってしまいます。
その後その反省からもう少し柔らかめの原型も作ったのですが、この手の恣意的な意識が働いてもまたいいことがありません。
やはりその時その時の気分や流れに沿っていかないとなんだか嘘っぽいものになってしまうのです。

この型は結局一回使っただけで終わりました。
難しいものだなと思います。

そんな訳で今使っている型は可愛げに欠けている割には意外と長生きしているのですが、さすがにそろそろ新しい原型に取りかかろうかと思っています。
と思いつつまだ頭の中は空っぽなのですが、あまりやったことのないモデル(写真ですが)を使うのもいいかなと思っています。


さてきのう、三連休初日はこの寒いのに枯れた蓮を撮影しようと不忍池に出掛けたのですが、時期が遅すぎたのかあんまり満足のいくものは撮れませんでした。
写真にしてももこんな風に狙って撮りにいって成果の上がることはあまりないのですね。
偶然の出会いにハッとするような気持ちで撮るのがやはり一番なのだと思います。

夜は友人二人と待ち合わせてワインで乾杯。

終わり良ければすべて良し、です。
楽しい一日でした。


e0205625_2231395.gif

[PR]
by angenieux | 2013-02-10 22:59 | 創作