LA CAVE

カテゴリ:創作( 34 )

粗い質感

エコール・ド・シモンH・Pのシモン氏のブログにのっている新作の人形がなんかいいですねえ。

きれいに磨かないで粗っぽく仕上げるようなことが書いてありますが、こういうのはダイレクトに
ツボにきますね。

ざらざら感がいいです。
こういう作品を見るとやはり桐粉っていいなあ、と。

自分でもこういう仕上げをやったことがありますが上手く仕上げるのは凄く難しい。
ただのボロボロではダメだし、そうかといって整え過ぎてももちろんダメ。
形がちゃんと決ってないと単なる中途にしか見えませんし、偶然、っていうのもかなり影響しそうですね。
まだら具合とか。

多分この新作は来年3月の紀伊國屋展に出品ではないでしょうか。
仕上がりが楽しみですね。

今日は朝から手を取付けるための造作です。
バンドソーの刃が切れてしまったのでハンズに行く予定でしたが暗くなってしまい結局断念。

土曜の晩に家にいるなんて一ヶ月ぶりのことです。

e0205625_228942.gif



SHINJUKU
EOS 5DMarkII
[PR]
by angenieux | 2010-11-27 22:16 | 創作

晩秋の東京



前半はセミも鳴いていた10月ですが、東京ではここにきてコートを着る人も普通になりました。
そう..個人的にはいくらなんでもコートは大袈裟では、と思いますが。

今週は手を作り始めました、今更ながら。
今回は型抜きは諦めていつも通りにバルサと針金を芯にして盛りつける方法です。

手があるとやはり格段に表情がでますよね。
先日観に行った有元利夫は表情が出過ぎるからと手をあまり細かく描き込まなかった
ようなことを書いていました。

なるほど、です。

今日はこれから台風が来るそうですが、朝方友人から電話があり今夜は食事に
いくことになりました。
直撃かもしれません。


e0205625_1205334.gif



SHINJUKU
EOS 5D MarkII
[PR]
by angenieux | 2010-10-30 12:04 | 創作

灰色の空の下



今週は曇りの続くはっきりしない天気でしたが、次の作品の型抜きなど平日でも出来るようなことを進めていました。
進行中の作品も箱の色など塗り始めてはいるものの、手を作るか否かまだ迷っているようなところも
あって週末に持ち越しです。

さて、エコール・ド・シモンH・Pのシモンさんのブログでポーランド展の紹介が始まりました。
なにやらたくさん写真を撮ってきているようで、これから順次アップしていくとのこと。
来週辺りは会場の様子も見られそうで楽しみにしています。

自分的に今週ちょっと嬉しかったのは、アマゾンに予約していたアントニー&ザ・ジョンソンズの
待ちに待った新作“SWANLIGHTS”が届いたこと。
前作が昨年1月でしたから1年半とちょっとですか。

ロック的な部分はどんどん後退してきてますね。
ちょっと地味な印象ですが、以前にも増して静けさに満ちた摩訶不思議な音楽になっています。


e0205625_183864.gif





EOS 5D MarkII
[PR]
by angenieux | 2010-10-15 23:39 | 創作

十月とは名ばかり



今日はなんだか十月とは思えない暑さでした。
昼間クーラーをつけましたが、そのうちセミまで鳴き始めて吃驚です。
なんなんでしょうか。

昨日から箱と顔の着色を始めました。

まずは上塗りと同じ絵具の白で下地を何回か重ねます。
箱もラッカーみたいな塗りつぶし系の塗料でない限りけっこう地の黄色に影響されるので
下に白を塗った方がいいいですね。

それをやらないで例えば青のステインを直に塗ったりするとどことなくグリーンがかってしまいます。
まあ逆にそれを利用するのもアリかもしれませんが。

今回作っているのは来年3月の紀伊國屋画廊に出品予定ですが、そのまま暮れの個展に
出品、ということになりそうです。
今年はもう展示参加の予定はないので次の仕込みも早々に考えなくては。

同時進行って正直苦手なんですけどね..


e0205625_21181787.gif




EOS 5D MARKII
[PR]
by angenieux | 2010-10-11 21:34 | 創作