LA CAVE

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「人形展」終了しました

スパンアートの“人形展”が27日に無事終了いたしました。

正直最初は副題も無い「人形展」というタイトルはどんなもんだろうと思ってもいたのですが、中嶋さんと打ち合わせた時もなんとなく取って付けたようなタイトルしか用意できなかったので結局「人形展」でいくことになりました。

ですが、終わってみるとこれはなかなか良いタイトルだったと思っています。
一般に連想する人形展とは幾分趣が違うところもありましたし、そのために「人形展」という素っ気ないタイトルが逆に生きてきた気もするのです。



ご来場まことにありがとうございました。


e0205625_11482555.gif

[PR]
by Angenieux | 2012-10-28 11:52 | 展覧会

スパンアートギャラリー 人形展

e0205625_2243961.jpg




10月16日からスパンアートギャラリーでの三人展が始まっています。

オープニングパーティーの夜、ワイン片手に会場を眺めました。
出品者が自ら言うのもあれなのですが、3人の作品が上手いこと噛み合ったかな、という気がしました。
そんなにははずれることはないだろうと予想はしていたのですが,、実際はちょっとほっとしたのです。

この企画自体は二年ほど前に決まった話でしたがあっという間の2年でした。
しかし中嶋さんもブログに書いておられましたが、確かに三人での展覧会はこれが最初で最後、かもしれません。
多分今後はまたそれぞれです。

今回の新作は2点です。

e0205625_22435689.jpg

e0205625_22442747.jpg


Chanson Romanesque

私は文学的なテーマなどを考えることはあまりありません。
これも物語風の曲というイメージでカラフルな感じにしようと思ったものです。
貼付けた楽譜はラヴェルのChanson Romanesqueの楽譜。

石膏や漆喰を思わせる白いざらざらした壁の質感が私は好きなのです。


e0205625_224510100.gif

e0205625_22451660.gif


La main

縦に連なって落ちてゆくイメージは、若冲の動植綵絵だったか、雁のような鳥が頭を下にして逆さまに落ちてゆく絵が
あったのですが、それがちょっと頭にありました。
落ちてゆくような、浮遊しているような、そんなイメージです。
これも白い壁がぼろぼろになったような質感で、貼ってあるのはフランスの新聞“LA PETITE PRESS”。
日付は1870年のクリスマスイヴです。

会期は10月27日まで(21(日)は休廊)です。
銀座にお越しの際には是非ご覧いただければと思います。
[PR]
by Angenieux | 2012-10-18 22:56 | 展覧会

La main

e0205625_23182779.gif




秋らしく涼しくなってきたかと思うと妙に暑かったり、行きつ戻りつしながらもう10月です。
おやっと思うほどに日暮れが早くなり、涼しさとともに気分も変ってくるもので、夏の間よく聴いていた音楽もなんとなく色褪せて聴こえてきます。

9月中は10月のグループ展用の作品で忙しかったのですが、これもなんとか終わりに近づきつつあります。
あとは止めたりつけたり、色味を足したり引いたり、といったところでしょうか。

今回の新作二点は、彩度の浅い静かめの作風で、いわゆるボックスアート的なイメージの強いものかもしれません。
こうしたモノトーンに近い低い彩度が最近の私には一番しっくり来るような気がしています。

こうして制作が終わりに近づき、次はどうしようか、新しい油土原型を作ろうか、と、このあとのことを考え始めていますが、まずは立体の制作とともに、写真のほうをもう少し形にしたいと思っています。


さて、銀座スパンアートギャラリーの人形三人展は10月16日(火)から27日(土)までです。
日曜は休廊となりますのでお気をつけください。

お立ち寄りいただければ嬉しいです。
[PR]
by angenieux | 2012-10-06 23:32 | 展覧会